« わんこと新幹線で行く ”奈良・吉野 2" | トップページ | わんこと新幹線で行く”奈良・洞川 2” »

わんこと新幹線で行く”奈良・洞川 1”

翌日は快晴 すがすがしい山の空気に野生が戻ったのか、白玉にも後光がさしてました。

Img_7133

ピカピカの朝でしゅ

今日は今回の旅行のハイライト、洞川温泉へ向かいます。吉野からはケーブル+電車+バスを乗り継いで片道およそ2時間の道のりです。

Img_7248

鹿さんマークの奈良交通バスで70分。

最大の難関はバスの長時間乗車でしたが、白玉は酔うこともなく難なくクリア 定員25名程の中型バスは、運転手さんが人数を指差し数えたり、行き先を確認したり。 アットホームな雰囲気の中、袋から覗いた白い頭はここでもノーマークでした

Img_7171

標高800mの山間の小さな街 "洞川”

2004年に吉野から熊野へ抜ける”奥駆け”修行道の一部を歩きました。山を下って辿りついたのが、第一の修行場(大峯山)を支えるここ洞川。 独特の風情にちょっとしたカルチャーショックを受けました。

Img_7148

バス停近くの古い神社でしゅ。

日本で初めて信仰の山として開かれた大峯山。そのお膝元にあるこの街にはいくつも行場があり、夏は”行者祭”で賑わいます。

修験者が必ず訪れる霊場 ”龍泉寺”では、修験者が今も水行を行います

Img_7151

水行場

お寺の裏手の高さ50mの”かりがね橋”(つり橋)を渡って

Turibashi

白玉は万が一に備えて抱えて。 それにしてもアナタ何キロ?

山道を暫く歩くと、

Img_7174

遅いでしゅよ。

渓谷の岩場にも防空壕のような行場がところどころにありました。

Img_7179

”蝙蝠の岩屋”と呼ばれる行場。

やがて名水100選に選ばれた天然水 ”ごろごろ水” の取水場へ。ちょろちょろの湧き水だったはずが、渋滞回避のため立派な公営取水場になってました。

Img_7230

大峯山からいただくありがた~いお水は大人気

歩き疲れた私たち。ひと息入れたく、取水場奥の休憩場のテラス席に目をつけました。 ところが、ここで今回の旅初めての”わんこNGが出ました。 ”他のお客様がいらっしゃるので。”(いなかったんです。。。) 仕方なくごろごろ水を飲んで我慢することに。

Img_7221

ひゃ~おいち~

天然のお水で白玉もパワーチャージ 山歩き、空気、お水といった自然の力でしょうか、とても生き生きしていました。

Img_7216

わんこも自然の一部なんでしゅよ。

ここまで白玉の受容度は予想外に高かったので、初のNGにちょっとめげました。 しかしこの後、思いがけずありがた~いおもてなしを受けることになるのでした。

にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ

人気ブログランキングへ

ビション フリーゼ

ブログランキング・にほんブログ村へ

TopOfBlogs

« わんこと新幹線で行く ”奈良・吉野 2" | トップページ | わんこと新幹線で行く”奈良・洞川 2” »

わんこと新幹線でお出かけ ”奈良・吉野”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わんこと新幹線で行く”奈良・洞川 1”:

« わんこと新幹線で行く ”奈良・吉野 2" | トップページ | わんこと新幹線で行く”奈良・洞川 2” »