« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

春眠暁を覚えず

春先は人でなくとも眠いらしく。ビションフリーゼ ビション・フリーゼ ビション・フリーゼ ビション フリーゼ ビッション ビッション フリーゼ ビション フリッセ 犬泉

1389

人間みたいな眠り方なので、違和感がありました。手は”うらめしや~”になってるし。

自分からこんな開放的な姿勢になることは、なかったはず。

Photo_2 

警戒心が解けてきたのでしょうか、被っていた猫が落ちてきたのでしょうか...。

1385  

毛布をかけてもそのままの眠り続けておりました。

一代目のビションのように完全に懐いて欲しいと願っている私達にとって、ちょっとうれしい出来事でした。

にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ

人気ブログランキングへ

ビション フリーゼ

ブログランキング・にほんブログ村へ

| コメント (18) | トラックバック (0)

春に誘われて

桜には少し早いけど、春の陽気に誘われて近場までドライブ。 

本犬も春の空気がうれしいのか、終始ごきげんでした。

1374

少し前までの冬枯れが嘘のように、緑が生き生きと芽吹いていて

”世界は完全に調和している...”という誰かの言葉を思い出しました。 

1376

春だからか、車中も落ち着かない様子で、外の景色を食い入るように見つめていました。

1379

車窓から見えたこぶしの花。こぼれんばかりに咲いていました。

1378

家に帰れば”春”はどこへやら。

お散歩後のおやつのことで頭はいっぱい。 早くお家に入れて欲しくて必死です。

いずれにしても、今日も平凡で幸せな一日でした♪

1372

にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ

ビション フリーゼ

ブログランキング・にほんブログ村へ

| コメント (8) | トラックバック (0)

犬泉くん 2

KIRIN FireのCMの "犬泉くん" (http://www.beverage.co.jp/product/cm/fire/)効果で、アクセス数が爆発的にアップしております。 今更ながら、メディアの影響力の大きさを実感しています。

今日は家の子も、行きつけの美容院に行ってきました。

Photo_2

どうでしょう? 犬泉くんに似てますか?

Photo_3

この犬は ”ビションフリーゼ” という犬種で、フランスやアメリカでは一般的な犬ですが、日本ではまだまだ知名度が低く、ペットショップなどで見かけることは稀です。

我が家では現在の子で2匹目のビションですが、初代はペットショップでたまたま見つけひと目ぼれ、そして今いる子は里親募集で2歳半で譲っていただいたものです。 アンダー(受け口)という訳ありでしたが、大変愛くるしい性格で、成犬で我が家にやってきたにも関わらず、今では家族で一番大きな存在となっております。

1359

犬泉くんのCMでビションに興味をもたれた方、家の子を少しでも可愛いと思っていただけましたらペットショップに走る前に、是非一度インターネットで ”ビション 里親” 等の検索語で探してみてくださいね。 素敵な出会いがあるかも知れません。

また、家の子の場合がそうでしたが、実際に犬を飼う前には、少なくとも数日一緒に生活してみる期間をもたれることをお勧めします。 そうして双方の相性や、わんこの適応性などを見た上で最終的な決断をすれば、間違いが少ないと思います。

安易な決断は人間、わんこ双方にとって不幸な結果になりかねません。 ”外出がままならなくなる”、”散歩等に時間をとられる” などさまざまな制約もありますので、わんこを飼うことのデメリットもよくお考えの上で決めてくださいね。

 

にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ

ビション フリーゼ

ブログランキング・にほんブログ村へ

| コメント (8) | トラックバック (0)

犬泉くん

お久しぶりです。すっかりブランクが空いてしまいましたが、わんこも元気でやっております

あたちは元気でしゅ。

1255

キリンFireのCMに登場している犬泉くんを御紹介しましゅ!→http://www.beverage.co.jp/product/cm/fire/

映画”犬との10の約束”といい、最近ビションがメディアに登場することが多くなりましたね。 俳優の大泉さん顔負けのアフロです。 アフロ犬というのはビションがモデルなんですかね。 

ちなみに家の子は猫毛?のせいか、伸ばしてもトップが犬泉くんみたいに盛り上がりません。 本当にどこの美容院にいっているのかしら?

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ

ビション フリーゼ

| コメント (16) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »