« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

雨の日は

雨が降るとお庭がおトイレになります。 最近は心得たもので庭に放り出すと、さっと用を済ませて戻ってきます。

Photo_127

最初の頃は土足のまま家に入りこんできては怒られておりましたが、今ではこの通り、ちゃんとお外で待っているようになりました。 待っている姿が可愛くてついつい知らん顔して様子をうかがったりして.....ごめんね。

Question

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (6) | トラックバック (0)

リュクサンブール公園

今日は真夏並みの暑さの中、近くのリュクサンブール公園?へ涼みに出かけました。

初夏らしく麦の穂が波うち、とてもきれいでした。

Mugi1

が、彼女はそれどころでは無さそうです。

Photo_124

早く車を出してくだしゃい。

公園到着です。リュクサンブールとは少し違った趣ですが、ビションの故郷、フランス風の庭園です。

Luxambourg

記念撮影。

Photo_125

記念撮影2。

Photo_126

先代のわんこは赤ちゃんからよく散歩をしたため、実によく歩くわんこに成長しましたが、この子はお散歩を始めて一年。 果たしてどのくらいの体力があるのかまだわかりません。 屋内で育ったため、ちょっとした日差しにも、目をまばゆそうにしており、こんな暑さは、とても辛そうです。 

これから少しずつ距離を伸ばしていこうね。

Mizu

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (8) | トラックバック (0)

おねだり

おふとんの上で、独りでにこにこしています。こんなときは何かをおねだりしている時。

Photo_120

”いつものって何?ちゃんと言わなきゃわかんないでしょ。”

すると、”ころっ”と横になり上目遣いで待っています。

Photo_121

これかなあ?(って最初っからわかってたけど)

私の寝巻きの上に寝るのやめてほしいなあ。

Photo_122

Photo_123

こんなに甘やかしていいんだろうか....と思いつつ今日もせっせと女王様に仕えてます。

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (8) | トラックバック (0)

矢犬

少し前に、矢が刺さった可哀相な"矢鴨”が話題になりましたが、言ってみればこれは”矢犬”?ではなく”スカートハンガー犬”です。 どこで見つけてきたのか、くわえて走り出てきました。

Photo_115

おふとんに持ち込み、がじがじし始めました。

Photo_116

不器用な左手でしっかり押さえています。

Photo_117

汚いからこっちに返しなさい。(あーあ受け口が丸見え)

Photo_118

はい、おしまい。

Photo_119

不満そうに見上げています。

どうも口の座りが悪いようで(噛み合わせのせい?)、いろんなものをがじがじする癖がひどく、ご機嫌が悪いと被害は人にも及びます。(あざができます)

獣医さんからはトレーニングに行くよう勧められているのですが...、可哀相だから、もう少し様子を見てからにしようね。

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (4) | トラックバック (0)

ビション

ペットショップで今日もプードルと間違われましたが、この子はビションフリゼという犬種のわんこです。 手入れが大変なので短髪にしてますが、本来は下のような容姿です。

Bichon

ディスカウントショップにいた先代のわんこの可愛らしさにすっかり魅せられたのが、この犬種との偶然の出会いでした。 私達は成犬がどんな犬かも知らずに飛びついてしまったのです。

座敷犬を飼うのは初めてでしたが、大変飼いやすく愛くるしく、私達は14年間ですっかりビション犬のファンになっていました。 

Mari_1

先代のわんこが亡くなった時、もう二度とわんこは飼わないと天に誓った筈でした。

しかし家人とわんこをほぼ同時期に亡くしたため、寂しさは想像以上でした。 

私はといえば通勤途上の動物病院の看板にビションを発見し、毎朝夕”こんな笑顔の可愛いビションが家に居たらいいなあ”と眺めておりました。

Akasaka

そんなある日、偶然ネットに”里親募集”で出ていた”笑顔のわんこ”を見つけたのでした。 軽い気持ちで会ってみたのが、この子とのご縁でした。

 ”訳あり”で不憫なこの子を、先代のわんこも大目に見てくれるだろうと、あっけなく二代目のビションがやってくることになったのです。

成犬からの躾は想像以上に大変でしたが、環境の変化で一番苦労したのはこの子自身でした。 ストレスで生理がなかなか来ずに、とても心配しました。今年初めにその兆候があった時、ようやくこの子も気持ちに余裕が出来てきたのだと、とてもうれしかったのを覚えてます。

Photo_114

未だに突然怖がって逃げたり、家で粗相をしてしまったり、来客に噛み付いたり、想定外の行動にとまどいますが、少しずつ進歩していく様子を見ていると、赤ちゃんから育て上げたのとはまた別な感慨があります。

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (8) | トラックバック (0)

笑点

お家に慣れるとともに、だんだん態度が大きくなってきた今日この頃。

どうも目線が見下ろしていると思ったら.....2段重ねになっていたクッションの上にしっかり。

Photo_113

高所好きとクッションふぇちのあなたにとっては、たまらない場所でしょうね。

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (2) | トラックバック (0)

緑のトンネル

今日は新しく開拓した、 住宅街の裏手の緑のトンネルへお散歩に行きました。

Photo_109

こんな場所は大好きで、自転車からおろすと、うれしさのあまり駆け出していくのですが、ある程度の距離でこちらを振り返って、お座りをして待ってます。

3pre

やがて待ちきれないように、こちらに向かってまた駆け上がってきます。

Photo_110

そして満面の笑みで、こんなふうに得意げに見上げるのです。

Photo_111

私にはよく意味がわからないのですが、本犬は何か遊びでもしているつもりなのかも知れません。 喜びを全身で表現している姿が、私をまた新たな”彼女の喜びそうな場所”探しへと駆り立たせるのです。

あれ、口の横に何かついてるよ~。

Photo_112

って木枯らし紋次郎にしてみました。(古~)

ここが気に入ってくれたみたいだね。また一緒に来ようね。

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (6) | トラックバック (0)

犬みしり

今日は近くのドッグランへ出かけました。

フリスビーの練習をするボーダーコリー集団が来てました。

Photo_102

そしてギャラリーのビション犬。

Photo_103

あっ二匹になった!

Photo_105

違いましたーこちらは珍しいボロネーズ犬でした。

ビションと祖先が同じだと言われているだけに大変よく似ています。お母さんがご好意で遊ばせてくださろうとしましたが、案の定逃げ回りました。

Photo_107

そして今日もどの犬とも遊べずに帰路についたのでした。

何のためにドッグランに来たの?

Photo_108

以前いたおうちでは5匹のわんこと生活していたらしいのですが、家に来てからは他のわんこと遊ぼうとしません。小さな犬にさえ、追いかけられて逃げ回って退散してくるのです。 その小さな頭はどんな事を考えているのでしょうね。

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (2) | トラックバック (0)

衣替え

冬に大活躍したお洋服。 あんまり可愛いかったので今後のためにスペアで2着目も購入しました。(犬馬鹿)

Photo_96

衣替えで仕舞おうとしたところ、ふとあることをし忘れていた事に気付きました。

”ちょっとおいでー” と彼女に着せると、抗議のまなざし。

Photo_98 

まあまあ、そう言わずに。”ハイ、ちーず!”

068_1

ひいーおかしい顔!これがしてみたかったんです。

もう一枚お願いします。

Photo_99

結構乗せられやすいんですね、あなた。

Photo_101

また来年の冬、遊ぼうね!

070

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (4) | トラックバック (0)

いつも一緒

ソファーの上はいつの間にか彼女の場所になりました。以前は遠慮がちに腰掛けていましたが、今では誰かが横になるのを見るや飛び乗ってきます。

Photo_93

体温が伝わってくると気持ちよくなって、舟をこぎ始めます。

Photo_94

そしてしっかり全体重を乗せてくる。

Photo_95

5kgは決して軽くありませんが、お互いのぬくもりに何だか幸せな気分になって、このまま一緒に眠ってしまうのです。

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

待つわ~

家人の誰かが出かけたのを察すると、二階に居ようとも彼女は落ち着かなくなります。

Photo_90

そして帰ってくるまで階段を見つめているのです。もしもし、お首はどうしたんですか?

(それにしても長い胴ーちなみに洋服のサイズは”DS”ダックスサイズです)

Photo_91

最後には首で扉を押し開けて、階段の踊り場(階段を自分で下りれない)まで進出。 

家に来たばかりでまだ私たちになついていない時から続いている、不思議な忠犬の習慣です。

Photo_92

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (2) | トラックバック (0)

ツタンカーメン

干したばかりのふとんを運んでいると、足元に訴えるような視線を感じた。

とりあえずくるくるしてあげた。

Egypt1_1

いつまでたっても微動だにしないので、少し近づいてみると.....。

Photo_88

ふとんをめくってみると......。(やっぱりそう来たか)

Photo_89

たしか家に来た当初は、お腹をひっくり返すことすら嫌がっていた筈だよねえ。

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (4) | トラックバック (0)

うなぎ犬

あたちの尻尾はホントはくるっと巻いてとっても可愛いの。

Shippo1

でもリード付お散歩の時は”うなぎ犬”になる。

Shippo2_1

散歩の間中ずっとブルーな気分。

Shippo3

お散歩が終われば、ほらこの通り。

Shippo4

”リード付のお散歩”はこの子の課題のひとつです。 約3年間お家の中だけで育ったため、外に慣れることを優先して最初は嫌がるリードを付けませんでした。 気付いたらすっかりリード嫌い犬になっていました。 虫のいどころは一目瞭然です。 

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

病院のこと

こんなブログを見つけました。 住まいが近いだけに他人事とは思えません 

多摩センターにある動物病院の被害報告(http://yurusanai.blog80.fc2.com/

実際、以前飼っていた犬が階段から落ちて、ネットで見つけた夜間診療をしている獣医さんに連れて行ったことがあります。 幸い私たちがお世話になったのは、町田市にある良心的な獣医さんでしたが、検索結果の表示順によってはこちらに行っていたかもしれません。

Photo_87

このわんこが最後に病気になった時、メディアに露出の多い獣医さんにセカンドオピニオンを求めたことがありました。

立派な建物には、芸能人の写真が飾られ、医院長の腕の良さを象徴しているかのようでした。 こちらの病院の診断では、セカンドオピニオンを求めた病気以外に、高齢で体にできたいぼ他数箇所の手術が必要ということで、見積もり金額は70万円近くでした。 少し検討したい旨を伝えると、移動は犬にとってよくないからその場で入院するよう言われ、逃げ帰った事を覚えています。 

帰宅後によくよくネットで検索してみると悪評がたくさん見つかりました。 結局理解のあるかかりつけ医の紹介を得て、獣医大で手術をしていただくことができ(費用は3分の1ほど)、その後約一年半生き延びました。 家人を癌で亡くした直後の一年半、最後まで私たちを励まし続けて逝きました。

ペットの命を預ける獣医さんの選択は慎重にしたいものですね。

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (2) | トラックバック (0)

反省

あたちは今ひとつみんなの信用が無い。というのも、未だに昔の癖が抜けずに、たまーにトイレをおうちの中でしてしまうから。 

で、あたちの足元のこれ。カーペットの上にさらに汚れ防止。

Photo_84

実はこれ、"こたつがけ"で、ふわふわしてとても気持ちいいんだよ。

ついついこーんな風にぐしゃぐしゃにして巻きつきたくなっちゅうの。

Photo_85

”これ!何してるの!”

またおこられてちまった......

Photo_86  

この子は”こたつがけ”の意味もわからずに、今日も無邪気に戯れては叱られています。

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (2) | トラックバック (0)

たまちゃん

GW最終日はあいにくの雨。今日はおうちでまったり過ごしまちた。

こちらはお友達のあざらし”たまちゃん”です。

Photo_80

そしてセデスちゃん。(って知っている人いるかなあ)

Photo_81

遊び(遊ばれ?)疲れて、いつの間にかお母たんのエプロンのベッドで眠ってしまいまちた。 雨の日もたまにはいいね。

Photo_83

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

置き去り

今日は友人と神楽坂へ出かけることになリました。

Photo_78 

Photo_77

ばいば-い!Photo_79 

やや罪悪感を抱えながらやってきた神楽坂には、わんこがたくさん遊びに来てました。

114_1

どの子もいい子でしたが、驚いたのはラーメン屋の前で主人の食事が終わるのをじっと待つ2匹のわんこ。 啼きもせず、大人しく扉の外で待つ姿は、感動的ですらありました。

うちの子にもこんな事が出来る日がくるのだろうか...。

107

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (2) | トラックバック (0)

ひめじょおん

GW後半もあたちは姉たんといつでも一緒。 今日は”ちゃりぱる”で少し遠くの公園までハイキング。

それはヒメジョオン(貧乏草って言われてるけど)がきれいなこんな場所でちた。

Photo_65  

うれちくて思わずとんでいってしまったー。(叱られまちた)

Photo_75

途中に沼があって木道があるんだよ。

Photo_66

Photo_67

竹林もひんやりしていて気持ちよかったよ~

Photo_72

暑いよ~。早く乗せて。バイク=涼しいと思っている)

Photo_73

Photo_74

どうやらGWは家族(お犬様)サービスで終わりそうです。

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (6) | トラックバック (0)

本性

トリミングから2週間以上が経過ーそろそろ傍に寄ると”臭い”って嫌がられていたので、今日はお風呂に入りまちた。

Furo1_1

あたちはお水をかけられると本当の姿を現す。

いつもはふわふわだけど、本性はこんな感じ。(きもいなんて言わないでね)

Photo_61

でも少しドライヤーを当てれば、ほらこの通りいつもの可愛いあたち。

胸毛のお手入れはレディーのたしなみ。 (ちなみにジェイソン爪は健在です)

Photo_62

何だか様子がー。

Photo_63

Photo_64

お腹はあたしの急所。なでられると弱いんでしゅ。

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (2) | トラックバック (0)

軽井沢もどき

これは昨日初めて、近くの”軽井沢もどき”へデビューした時の様子。

いざ”りんりん”に乗って出発!

(自転車に乗るだけですでにご機嫌の彼女。)

Jitenshar

到着するとうれしさのあまり、走り出した。(ひも付きのお散歩のときもこのくらい軽快に歩いてくれるといいのに)

Hashiru1

Karui1

Midori

Suwaru2

ぎゃーお尻についているのは何?

Oshiri

Yorokobi2_1

この子の笑顔見たさに、これからも頻繁に来そうな予感。

この子が我が家に来たのは昨年のGWの頃。 3歳までお外に出たことが無かったため、散歩もできない子でした。どうなることかと皆で心配したのが嘘のようです。

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »